「妊娠中のダイエットの注意点とは?」

 ダイエットは、妊娠時は避けたほうがいいことはよく知られていますが、健康を損なうほど体重が増加した場合は、ダイエットをせざるをえません。妊娠しているときは、カロリー摂取量や運動量などを調節し体重を適正に維持することが重要です。この頃は、産婦人科でも妊婦の体重を適性にコントロールするための指導に注力するところが増えています。


 よくある食事制限によるダイエットは妊娠中にはあまりおススメできる方法ではありません。お腹の子が健康に育つためにも、ダイエットで体にストレスをかけるようなことはできるだけ避けるべきです。食べないというダイエットではなく、摂取カロリーを控えることを目的として食事の内容を見直すようにします。1日に摂取する総カロリー量に配慮しつつ、栄養の偏りがないような食事にするとよいでしょう。

 

 朝昼晩の食事が不規則にならないようにすることや、極端な好き嫌いはできるだけ避け、おやつや夜食は控え目にします。運動をするのは安定期に入って、ある程度体を動かしても大丈夫になってからがベターです。


 妊娠中はダイエットというよりも、生活習慣を改善して、規則正しい生活を心がけることが重要です。食べすぎを防ぎ、甘いものは控えて体にいい生活リズムで日々を過ごすことで、ダイエットに相当する効果があらわれます。妊娠中は、心や体に負担のかかる極端なダイエットではなく普段の生活の中で無理なくできる範囲の方法を選ぶようにしましょう。