「自分の食生活を振り返ってみましょう」

 肥満体型は、見た目が太って見えるだけでなく、心臓や血管への負荷が大きくなり、健康を損なう恐れがあります。標準体重よりも多く、肥満気味の人は病気のリスクが高くなっているので注意が必要です。しかし、体重を減らしたいと思っているにもかかわらず、食べたいものを食べてしまうという人も多いようです。

 

 特に肥満の人は、欲望のままに食べてしまうことが多いので、体重を減少させるのが難しい傾向にあります。体重を減らすためにすべきことといえば、第一に食習慣をチェックすることです。ここで重要なのは、最初から食生活を改めるということではなく、見直しをすることです。


 これまであまり気にしてなかった栄養の偏りや、食事の量などを客観的な視点でチェックすることで気づくことができるので自ずと改善点を見い出すことができます。今の食事の内容を振り返ることで、何が問題になっているのかが分かれば、改善すべき点が見えてきます。炭水化物を減らし、低カロリーのたんぱく質を摂取するよう心がけるなど全体から見たバランスを考えましょう。

 

 何を食べるのか迷った時には、カロリーが少ないメニューを選択することで、摂取カロリーを抑えることが可能になります。普段の食事を変えることで、少しずつ体重を減らしていくことが可能になります。肥満が改善されているという少しの変化でも実感できれば嬉しくなり、さらに食生活の改善を進められる可能性がでてきます。