95歳で天国に旅立った祖母のあまりの美肌に親族一同感心した件

わたくしごとですが、先日祖母が95歳で他界いたしました。

ガンを患ってはいたのですが、そもそも発症したのが93歳の時で、もうほとんど進行しないだろうという事で放置。
そして、95歳で旅立っていった時にも、ガンが原因なのか、老衰なのか、どっちかよく分からないと医者に言わせたという、ピンピンころりな幸せなおばあちゃまでした。

本当に、意識もしっかりしていて、普通に動き回り、冗談も言い、プリンやら饅頭やらを食べ、普通に生活していた中で、突然ガンの痛みが出てきて、数日間寝込み、天に召されました。

 

その数日間に祖母の長男夫婦が大騒ぎして親族中に「おばーちゃん、お迎えいよいよだから顔を見せに来い」と電話をかけまくったおかげで、数日の間に親族や知人が押し寄せ、何十人という人間が祖母の最期の直前に顔を見せて喋ることができました。
長男夫婦、本当にファインプレーでした。

 

そんな祖母だったので、葬儀も始終和やかで、大往生だったねぇと言われながら見送られていったのですが、穏やかな表情で棺おけの中に横たわる祖母の肌のまぁ美しいこと、美しいこと。

本当に、息を飲むくらいの美肌で、我々皆、驚きました。

 

90代のおばあさんとはとても思えない肌ツヤで、染の多かれ少なかれはあれど、白くツヤッツヤな肌は、そんじょそこらの2,30代の女性よりもよほど美しいくらいでした。

 

秘密は、温泉。
温泉旅館を営んでいた祖母は、毎日その温泉に浸かっていたのだそう。
お風呂が大好きで、夏など他の家族がシャワーで済ませる中、祖母だけはお客様が入り終わった後の湯船にのんびり浸かるのが日課だったそうです。

そんな話を葬儀の後の親族の宴会で聞いて、温泉効果のすごさを実感しました。温泉は、そうか、そんな1泊2日のリフレッシュ旅行で堪能するだけでは得られない底知れない効果があるのか・・・!と衝撃を受けたのです。

言われてみれば、確かに長男夫婦も、肌ツヤが良い・・・!

ちょっと羨ましくなってしまいました。

 

温泉に毎日浸かるわけにいかなくても、温泉由来の化粧水や、温泉の成分を配合した美容液なんかを使えば美肌効果が期待できそうです。

リウマチ持ちでもないし、ただリラックスするためだけに温泉に行く、という感覚だったので、こんなに美肌になるのね!と驚いた話でした。

 

祖母は天国でも温泉を見つけて、15年ほど前からあちらで待っていた祖父と一緒に、毎日のんびり浸かるのかな、なんて思っています。