やっぱり和食が好きと思う瞬間

海外旅行が好きです。
そして、海外旅行へ行ってその土地のものを食べるのが好きです。
なんなら、国内にいても、エスニックを始め外国の料理を食べに行くのが好きです。

それでも、和食が一番と思うのは、もう私は日本人です、というのをひしと感じますね。

国内にいても海外にいても、和食から離れて一定期間経つと、とてつもなく和食が恋しくなります。

 

何が恋しいって、だし、なんです。
だしの風味が恋しくなるのです。

和食といっても色々ありますが、寿司や刺身、お好み焼き、そば、天麩羅などは実はあまり「食べたい!」とはならず、普段食べませんしね、日本にいても。

しかも白米も、実はそれほど…。これはただただ私がそんなに白米が好きじゃないからなんです。好きじゃないだけで、嫌いでもないのですが、あってもなくてもどっちでも良いや、というかんじ。

恋しくなるのは、味噌汁、根菜の煮物、おひたし、など。いわゆる一般家庭料理の和食。

この普通の"おふくろの味"には"だし"がふんだんに使われていますよね。

 

昔少し海外で暮らした事があるのですが、その時の必需品が顆粒だしでした。
かつおだし、こぶだし、あわせだし、あごだし、と何種類か日本から持っていき、料理や気分で使い分けていました。
味噌や醤油も、持っていけるだけ持っていきましたが、これは消費期限が結構短いので、切れてしまうまでに使い切って、その先は滞在先のマーケットで韓国製のものなどを買って代用しました。
やはり日本のものとは風味が違うのですが、顆粒だしで大分ごまかせたような記憶があります。

だしは偉大です。

 

私の滞在先はヨーロッパだったので、コンソメなんかはおいしいものがすぐに手に入りましたし、現地の「だし」はブイヨンになるわけですが、洋食が続くと本当に和食が恋しくなるので、自炊では主に和食を作っていました。

現地で手に入る食材と、顆粒だしを使って、けんちん汁や味噌汁、鍋なんかも作りました。

 

そうやって作った和食を食べると、ほっとするんですよね。
不思議なもんで、美味しいヨーロッパのご馳走も良いけれど、おだしが効いた優しい味わいの汁物を飲むとほっとするのです。
ああこれこれ、この味、と思って日本を思い出してひと息つけるのです。

時折現地で作った友人にもふるまったりして、しかしそういう時は味噌汁よりもお好み焼きやカレーの方がうけるので、いわゆる"おふくろの味"のような料理は作れなかったりして、なんていう思い出もあります。

 

今、世界的に注目されている和食ですが、やはり我々にとっては家で毎日食べていた素朴な味わいが故郷の味なんだな、と思う日々です。