本当にかしこい「片付け術」とは?フリーマーケットで一掃大作戦!

片付け、断捨離など、整理整頓のノウハウやコツを伝授する著書が多く出版されています。物であふれた自分の部屋や家をなんとかしたいという方も多いのではないでしょうか。

不要なものをフリーマーケットで売ろう!
という考え方や、ハウツーも、かなり広がってきています。

しかし、フリーマーケットで思うように売れなかったり、そもそも片付け段階でなかなか不要なものを選別できなかったり、そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ここで、私がおすすめする、フリーマーケットを上手く活用した片付け方法を伝授します。

まず、お片づけから。

これは王道ですが「いつか使うかも」は基本的に「不要」に分類します。
捨てるのは忍びない、そんなものは全て「フリマ」枠に入れます。

捨てるのが勿体無い「モッタイナイ症候群」の方は、この「捨てる」を「フリマ」に変えるだけでビックリするくらい選別がラクになるはずです。

それでも「売って手放して、自分が使いたいと思う日が来たらどうしよう…」と思った方、大丈夫、フリーマーケットで手にしたお金で新しいものを買えば良いのです。

もちろんフリーマーケットで大儲けはできません。買った値段の10分の1くらいの金額をつけるのが基本的な値付け感覚となりますので、必ず使うのであれば売らずに取っておいた方がかしこいです。

でも、人って不思議なもので、新しいものを手に入れるとそれだけでわくわくするもの。ならば、いっそ「いつか使う"かもしれない"もの」は手放して、気分も新たに自分の好みに合わせて新しいものを購入すれば良いのです。

 

こんなものは売れないかもしれない、と思っても、明らかにゴミでないものは全てフリーマーケットに出しましょう。

破格で出品すれば案外買い手が見つかるかもしれません。

 

さて、そしていざ、フリーマーケットに出品です。

フリーマーケットの選び方や出品のコツは、様々なサイトで紹介していますので、ご参照ください。

azumichannel.com

フリーマーケット出店のコツ│Time Machine Company

フリーマーケットに出店して学んだ6つのコツと注意点。それとは別にお金以上の価値について気づかされた話。| のぶろぐ

などなど。

 

これは「あるある」らしいのですが、実際出品してみて肌で実感したのが「服はあまり売れない」でした。あと、書籍もあまり売れません。

しかし、これには強い味方が・・・!

売れ残った衣類、書籍は、雑貨など、全て、ハードオフブックオフに売っぱらうのです!

www.hardoff.co.jp

 

フリーマーケットの帰り道にここに寄り道して、全部査定に出します。
嬉しいのは、値段がつかなかったものを、無料で引き取ってくれるところ!
つまり、手ぶらで帰宅できるのです!

フリーマーケットでは日用品や雑貨が圧倒的に売れるので、ゴミ同然と思っていても、10円~50円くらいの値段をつけておけば売れます。

 

捨てようかどうしようか迷うくらいならば、全部まとめて売りに出して、スッキリして、必要なものは新たに買い足せば良い!くらいのスタンスが、フリーマーケットを上手に利用した片付け術なのです。