脂質カットも大事、糖質カットも大事!カロリーばかり気にしていては正しいダイエットはできない

ついやってしまいがちな誤ったダイエット、それはカロリーばかり気にする事です。
食材や食品の裏をひっくり返してカロリーの表記だけ気にして比べたりしていませんか?
これは大きな間違い。
大事なのは、正しい栄養バランスで食事を摂る事です。

特に最近はカロリーよりも糖質をカットしないと痩せないという見方が強くなってきており、糖質制限食事法などが実施されています。

でも、だからといって糖質だけに注目して、やみくもに糖質カットしていくのも、間違い。

カロリーや脂質、糖質、全てに目を通して、バランスをチェックして、正しい量を体内にきちんと取り込んで、運動など「消費する」こともきちんと行うのが、正しいダイエット法なのです。

 

ここで、脂質について。

油=悪、という考え方は少々キケン。

油には肌ツヤを良くしたり、体内のエネルギー源になるような働きをしてくれたり、と、健康的に生きていく上で欠かせない役目があります。
動物性の「脂」と植物由来の「油」と一般的に書き分けられ、脂は身体に良くないけれど、油は必要な分は摂取しないとダメ、なんて言われる事が多いです。

しかし、これも100%ではありません。
脂もある程度であれば、植物由来の油よりも短時間でパワーを発揮してくれたりするので、動物性のたんぱく質と合わせて摂って、ここ一番の大勝負(特にスポーツ選手など)を控えていたりする場合は、積極的に食べていきたいものなのです。

 

何度もしつこいですが、大切なのはバランス。

摂取したものは、正しく燃焼させること。そうする事により、体内に余計な脂肪が蓄積せず、健康で若々しく、元気を保ってスタイルも維持できるのです。

 

ダイエット中であっても、全く排除するのではなく、摂取量を減らすという小さな工夫を取り入れるだけで、格段の違いが実感できます。

 

何事も、極端にやるのはよくない、という事ですね。

極端なダイエットは健康を損ねるだけでなく、リバウンドの恐ろしさもあります。
脂質カット、糖質カット、カロリーオフな食生活は「この食生活が一生続いても大丈夫」という感覚をバロメーターにして自分にあったものを実施できるのが理想です。

とはいえ時間が無い場合は多少我慢して大幅カットな必要があるかもしれません。それでも、ガクッと帰るのではなく、徐々に減らし、徐々に運動量を増やし、またダイエット期間が終了したら、一気に色々解禁するのではなく、じわじわと自分に甘くしていきましょう。

(おそらく一度食生活を改善すると、それに身体が慣れて、極端に暴食に走る心配は少ないでしょう)