これでアナタも日本酒ツウ!?よく分からない日本酒の種類と味について

「日本酒が好き」というと、面倒な日本酒ツウの人に絡まれる事が多いので、最初から「日本酒、好きなんですけど、全然詳しくないです」と宣言している筆者です。
それでも本当に日本酒は好きなので、日本酒が美味しいお店、種類が豊富なお店に行くことが結構あります。
そこで問題になってくるのが「めっちゃ種類あるー!」ということ。
全く詳しくないのも本当の事で、辛口派というぐらいしか好みもよく分からないので、もうちょっと文字情報だけで「これは好きなタイプかもしれない…」と嗅ぎ分ける知識は持っておこうかな、と思っています。

 

と、いうわけで、日本酒について調べてみました!

まず、種類(規格)について。大吟醸とか、醸造とか、あれです。あれが、本当に分からない。色々調べて分かりやすくまとめてみようと思います。

分かりやすさを求めるために、あえて、色々端折って要点だけまとめます。

・「本醸造吟醸大吟醸」の順に米を磨く(削る)度合いが高くなります。ここで出る違いが、値段と香り。値段も香りも、この順に上がっていきます。

・純米か、そうでないかという違いは、純米の表記の無いものは、醸造アルコールを用いて香り付けをしています。甲類焼酎のようなものを使っているため、ふくよかで複雑な香りをつける事ができます。
純米だから良い酒、とは言い切れず、醸造アルコールを加えた方が味や香りに深みがでる場合もあります。勿論、純米の混じりけの無いクリアな風味が良いという事もあるので、このあたりは好みですね。

この2点だけ、最低限押さえておけば、なんとなく分かったかんじになるのではないでしょうか。

 

続いて、辛口と甘口ですが、これは「日本酒度」のところをチェックし、マイナス(-)がついていれば甘口、プラス(+)の数字が大きくなればなるほど辛口になります。
この「日本酒の甘口とか辛口とか、正直よく分からん」と思っていたのですが、イメージとしては、辛口になるほどスッキリとした風味、甘口はフルーティな香りがします。
傾向として、純米酒は甘口よりになり、醸造アルコールを含むものの方が辛口よりになるようです。

 

更に、チェックするポイントは「酸度」です。平均は1.5~2.0で、これを参考に、この数字が高いと芳香な味わいに、低いとスッキリした味わいになります。

 

・・・と、いう事は、筆者が好きな日本酒は「スッキリ辛口だけど水みたいに主張が無いものよりはしっかり香りがある方が良い」というタイプなので、「大吟醸の辛口で酸度は高め」が良いのかな・・・。

 

ちょっと分かった気がしてきました。