日本全国津々浦々!こんな節分アリ!?

こんなタイトルをつけておいて、いきなり出オチ感がハンパではないのですが…。

そもそも、恵方巻を食べる習慣、関東にはありませんでしたので、そこはお忘れなく。。。

というわけで、節分です。
節分は、2月上旬(一応カレンダー上は2月3日ですね)に日本全国的におこなわれる年中行事のひとつです。

節分といえば、恵方ま…ではなく、豆撒きです!
(最近スーパーやコンビニが恵方巻きを推しすぎていて、豆撒きの印象が薄らいできているような気がするのですが、これは気のせいでしょうか・・・)

「鬼は外!福は内!」の掛け声に乗せて豆を撒いて、無病息災を祈念するというこの「豆撒き」ですが、ここにも地方色が表れます。

・東北や北海道は大豆ではなく、落花生を撒く
これは、筆者も驚きましたが、青森から上京してきていた筆者の学友が「えー!落花生じゃない!!!」と異常なほど驚いた上に「拾って食べられないじゃん!」と絶句していました。殻付きのまま撒いて、回収して美味しく頂くそうです。

・埼玉の白岡市では「福は内!鬼はご随意に!」と言う
もしかしたら全員ではなく、歴史を知っているごく一部の方だけかもしれませんが、鎌倉時代にこの辺りを治めていたのが鬼窪氏だったため、このような掛け声になったそうです。

・「鬼は内!福も内!」や「福は内!鬼も内!」
宮城県村田町、奈良県の複数の地域では、福も鬼もぜーんぶ内!というそうです。他にも「福は内!」しか言わずに鬼については言及しないというところも。色々ですね。

 

続きまして、お待たせいたしました。恵方巻でございます。

恵方巻は、もともとは関西地方でのみ食べられていた習慣
というのは、有名な話ですが、最近は大手スーパーやコンビニで、全国的に恵方巻を売るようになりました。実は筆者も学生時代寿司作りのアルバイトをしていたのですが、この時期になると恐怖の恵方巻大作戦が繰り広げられるので毎年憂鬱でした。

 

続いて、これまた食文化編。

・京都では、節分にはイワシを食べる習慣がある
玄関にヒイラギとイワシを飾っておくそうです。筆者の家では毎年恵方巻ではなく、めざしを食べるのですが、これがどこ発祥なのかはよく分かりません。
(ちなみに両親は山梨出身、東京在住でございます)

 

こうして見ると、日本文化って、地域で特徴があって実におもしろいですよね。
それにしても、青森の学友が大豆を撒く事に衝撃を受けていたあの光景は忘れられません。ちなみにお赤飯が甘くないことにもショックを受けていました。