コレステロールって結局なんなのか。コレステロールとのお付き合い

コレステロールなんて言葉、子どもの頃は聞いた事もありませんでしたが、中学生くらいの頃から、やたらとテレビ番組などで耳にするようになり、話題になってるんだなぁと思いました。
善玉コレステロールというのと、悪玉コレステロールというのがあって、悪玉コレステロールは肥満や重病を引き起こして酷いと死につながり、それには青魚が良いらしい、という、その程度の知識がずっと今でも私の頭に残っています。

コレステロールというのは、体内の細胞の膜を作っている成分の事で、これそのものは生きていくのに絶対必要な、大切なものなのだそう。
そして、このコレステロールにはLDLコレステロール(俗に言う悪玉コレステロール)という、血管中に油分を運ぶものと、HDLコレステロール(俗に言う善玉コレステロール)という、血中から油分を運び出すものの2種類があります。
俗に言う悪玉コレステロールとも書いてありますが、LDLコレステロールが血管中に溜まりすぎると、血管が油で詰まって動脈硬化などになる恐れがあるという事なのです。

で、この悪玉コレステロールが増える原因は、端的に言うと4つ。
・加齢
・体質
・ストレス
・生活習慣(運動不足、食事習慣など)

自分でどうにかできるのは、下2つですね。
上2つはどうしようもなさそうに見えて、下2つを改善することにより、影響を最小限にとどめる事ができるそうです。

私の場合は、ストレスには気をつけないといけないな~とぼんやり思いつつ、年齢とともに肝機能が衰えると、食生活に気をつけないとぐんぐんコレステロール値が上がってしまうという記事読んで、ストレスフリーに生きるだけじゃダメなのね、と痛感しました。

そして、この悪玉コレステロールに良いのは、やはり青魚のようです。
イワシやサンマは良いみたいですね。

野菜をきちんと摂ることも、良い対抗手段だそうです。
トマトのリコピンや、ブロッコリーマルチビタミンが効果的です。

そして、何よりも、継続的に適度な運動をする事。
これが、私が何よりもまず実行しなくてはならない事。
最近めっきり運動不足で、食事に気をつかって、あまり太らないのを良いことに、完全に運動不足なのです。

コレステロール云々もそうですが、老後の健康のためにも、今から運動する生活習慣を身につけておかないといけないですね。