ビーガンって何?ベジタリアンと何が違うの?ビーガンの方の苦労話を聞いてきた

皆さんは「ビーガン(ヴィーガン)」って聞いた事がありますか?

ベジタリアン」はご存知だと思うのですが、ビーガンはその一種なんです。

実は、「ベジタリアン」とひと口に言っても、その種類は10種類ほどに分かれていて、何が違うかと言うと「どこまでOKか」の線引きが違うんです。

まず、もっともスタンダードな、いわゆる「魚」と「肉」を食べないベジタリアンの方の事を「ラクト・オボ・ベジタリアン」と言い、まぁこれがいわゆる「ベジタリアン」の総称のようになっています。
卵や乳製品はOKというのが特徴です。分かりやすいといえば、分かりやすいですね。

いやいや卵は食べないよ、というベジタリアンの方々は「ラクト・ベジタリアン」、その他にも「魚はOK」とか「ハチミツは食べない」とか、色々細かく分類されているんです。

名称はついているものの、大抵の人は「自分のルール」があるので、「私は"ラクト・ベジタリアン"です」と言うのではなく「私は肉と魚と卵は食べません」と説明する人の方が多いです。

そんな中でも「ビーガン」は線引きが分かりやすいため、ベジタリアンとは一線を画して独立した存在として注目されています。
ひと言で説明すると「完全菜食主義」なんです。肉や魚はもちろん、乳製品も卵も、ハチミツやラードなど動物が作り出したものは一切口にしません。しかも、化粧品など、食べ物以外の身の回りのものにも動物性のものは一切使わないんだとか!ここまでくると筋金入りです…!
ビーガンの属性で「ダイエタリービーガン」という人たちもいて、彼らは「ダイエタリー」つまり食事だけビーガンという生活を送っています。日本ではこの「ダイエタリービーガン」の割合が圧倒的に多く、ダイエタリービーガンの事を属に「ビーガン」と呼ぶ事もあります。

知人の知人のビーガン(正確にはダイエタリービーガン)の方がいるので、話を聞いてみましたが、理解は進みつつあるものの、なかなか苦労されているようです。
アレルギーとは異なり、食べてしまっても発作が起きる事のない彼女は、よく「たんなる我儘」と見られてしまうことが多く(しかも無宗教なので)、なぜ彼女がビーガンになったのか、どのような信念をもって実行しているのか、説明するのが億劫なんだとか。
また、ベジタリアンの彼氏ができても、多くは「ラクト・オボ・ベジタリアン」や「ラクト・ベジタリアン」で、実はビーガンに理解の無い人が多いらしく、ケンカになる事も多いそうです。

しかし日本にもビーガン向けのレストランが増えつつあり、理解が進んでいるようなので、彼女たちが暮らしやすい世の中になっていく事が期待できそうです。

macaro-ni.jp