お手軽ダイエットは食事の前がポイント!運動なしでも!

f:id:qw321321:20180129115644j:plain

こんにちは、ミキです!

ダイエットをしたいけれどなかなか続かないという方って多いですよね。

運動は嫌いだけど痩せたい! そんなズボラ女子に朗報!

食事前にあることをするだけ、そして運動なしのお手軽ダイエット方法を今回はご紹介しちゃいます!

お手軽ダイエットは食事前の呼吸がポイント!

・「呼吸するだけで空腹に勝つ方法」

 空腹に負けそうなときに試したいのが。呼吸法で食欲をセーブする方法です。ゆっくりとした深い呼吸には、自立神経のバランスを整え、精神を安定させる効果があります。
 

 食事の直前に深く呼吸するだけで、ストレスからくるドカ食いを防止できるので、ものぐさな人にはぴったりの方法といえるでしょう。
 
 呼吸は、胸やお腹にいっぱい空気をためこむようなつもりで、鼻から息を吸い、口から徐々に吐いていくのが基本です。これに、ひざを曲げる、腕をぐるぐる回すなどの
動作を加えながら行うと、意識した部分の引き締め効果が得られます。

 深い呼吸をするには、吸うときより、吐くときに長い時間をかけるのがポイントです。1回に、5~6回はこの呼吸法を続けるといいでしょう。

 ただし、呼吸法で食欲をセーブできるといっても、それだけで脂肪が燃焼されるわけではありません。食事で摂取カロリーを制限しながら、呼吸法を組み合わせることが大切です。

 

 

お手軽ダイエットは運動なしで簡単に!

・「もむ・つまむ」だけで脂肪を減らす。

 お腹のあたりがたるんでくると、その部分が気になって、無意識のうちにつまんだり、もんだりはしていないでしょうか。それだけで脂肪が燃えるわけではないと分かってはいてもつい皮下脂肪の厚さを測ってしまう。。。そんな女性は少なくはありません。

 ところが、ただもんだりつまんだりするだけでも、何もしないよりは、ダイエット効果があります。

 エステティックサロンのサービスには、脂肪マッサージがありますが、これはもみだしによって脂肪を柔かくして血行を促進し、脂肪が燃えやすい状態にするのが目的です。これと同じで、体のぜい肉は、もんだりつまんだりするだけで、多少は燃えやすくなります。

 そこで、テレビを見ている間、入浴中など、気づいたときに気になる脂肪をつまむようにしてみましょう。毎日、皮下脂肪の厚みを確認していれば「やせなきゃ」という決意も持続するはずです。


・「休日は、ゴロゴロダイエット!」

 体に疲れがたまっていたり、なんとなく気分がふさいでいるときは、たとえ快晴の休日でも、ダイエットのために散歩にでかける気にはならないものです。できれば、一日中、ふとんの中で
ゴロゴロしていたい。。。それがズボラの人の本音でしょう。

 そういうときは無理をせず、一日中ゴロゴロしていましょう。といっても、、ふとんの中ではなく、部屋の中をゴロゴロ転がるのです。これだって、何分か続けて行えば立派な全身運動になるのです。