ダイエットの敵・空腹を紛らわすワザとは?

f:id:qw321321:20180204112641j:plain

こんにちは、ミキです。

 ダイエットをしていると食事制限をする人も多いと思います。

空腹でストレス溜まりませんか?

ハイ、溜まりまくりです。

ストレス溜まりすぎて、時々猛烈に食べ過ぎちゃって止まらなくなるときもあるんですよね!

そんなダイエット時の空腹が辛くて我慢をしているときに改善できる方法をご紹介!

そして食事の回数をあえて増やすと言うのもありなんですよ!

ダイエットで空腹がつらいよぉ。我慢の方法1つ目!

・子ども用ハミガキで口寂しさを消しましょう

 無理な食事制限をしているわけではないのに、口寂しく感じたり、小腹が空いたように感じることがあります。こうしたちょっとした食欲は、だいたい心理的なものでして
別の動作をするとやや簡単に紛らわすことができます。

 空腹に負けてクッキーやおせんべいに手が伸びる前に、急いで洗面所に向かい、ハミガキをしてみてください。歯を磨くと唾液が多量に分泌されて空腹感をやわらげてくれます。

 その際、用意しておくといいのが、子ども用のハミガキチューブです。イチゴやバナナ味の甘い香りが口の中に広がって、口寂しさを解消してくれます。

 

ダイエットで空腹を我慢する方法2つ目!

・香水のニオイをかぐだけのダイエット

 人がニオイを感じるのは、鼻腔の奥にある器官です。ここでキャッチされたニオイは、電気信号として大脳に伝えられ、「おいしそうなニオイ」「まずそうなニオイ」
「危険なニオイ」に区別されます。

 そこで、脳が「これはおいしそうなニオイだ」と判断すると、脳から各器官へ、唾液の分泌を促したり、食欲がわくように指示が送られます。焼きたてのパンのニオイをかいだりすると食事のあとでも食べたくなるのは、このメカニズムがあるためです。

 これとは逆に、生ゴミのニオイなど、脳が「イヤなニオイだ」と判断すると、食欲は減退していきます。また、好きなニオイでも、香りが強すぎると食欲は減退します。
そこで、これを応用したのが、香水を使った食欲のセーブ法です。空腹を感じたら、香水を思い切りかいでみるだけです。ただし、人間の嗅覚は、すぐニオイになれてしまうので香水は2~3種類を使い分けるといいです。 

 

ダイエットで食事の回数を増やす!?


・3食を5~6回に分けて我慢しないで痩せましょう

 食事と食事の間を長くあけると、人間の体は本能的に飢餓状態に入る準備をはじめ、脂肪をためこもうとする働きが強くなります。ですので、朝食や昼食を抜くなどの不規則な生活パターンをしていると太りやすくなります。

 というわけで、この働きを逆手にとった、1日3回の食事を5~6回に分けて食べる方法があります。1日の摂取カロリーはそのままで、食べる回数を増やすのです。
この方法は3時のおやつや夕食後の間食を欠かさず食べていた人がダイエットをはじめる場合にはとくにおススメします。おやつをよく食べていた人がいきなりハードな
カロリー制限を始めると「3食はきっちり食べて、それ以外の時間は間食をしない」という基本的なルールを守れず、挫折してしまいます。それなら、少量でも数時間おきに食べ物を口に入れられる方が、挫折する可能性が低くなります。