ウォーキングダイエットの歩き方!お散歩やバイト!ランチで外食も!

f:id:qw321321:20180204113919j:plain

こんにちは、ミキです!

ダイエットのためにウォーキングを取り入れている女性の方って多いと思います。

運動やランニングはハードル高いけれど、ウォーキングなら続けやすいですもんね!

でも、ただ歩くだけだとちょっと飽きちゃいます。

そこで、モチベーションが上がる歩き方をご紹介!

お散歩の方法や一石二鳥のアルバイトを思い切ってしてみるなどの方法をシェアしていきたいと思います!

ウォーキングダイエットの歩き方を紹介!

では、飽きずに続けられるウォーキングの方法をご紹介していきたいと思います!

ウォーキングしながらバイトする!

・一石二鳥ののアルバイトをはじめてみる

 ジョギング、エアロビクス、水泳など。ダイエットと運動は切っても切れない関係にありますが、運動は長続きしてこそ効果があります。何事も三日坊主で終わってしまう人は体を動かさなければならないという状況をつくることをおススメします。例えば、新聞配達やチラシの投函などのアルバイトをはじめてみてはいかがでしょうか。実際に仕事をはじめたら「今日は面倒くさいからやめた」という言い訳は通用しないので、イヤでも体を動かすことになります。

 また、そのアルバイトで稼いだお金で新しい洋服を買う、美味しいものを食べに行くなど、自分へのご褒美を決めておくのもやる気を持続させるコツになると思います。

 

ウォーキングを兼ねてペットとお散歩!

・犬を飼って脂肪を燃やす方法

 スポーツは苦手だし、そもそも面倒くさがりだし、なるべくなら体を動かしたくない。。そんなズボラな人でもラクに歩く習慣が身に着く方法があります。犬を飼うのです。誰でも実践できる方法ではありませんが、ペットを飼う予定のある人は、猫よりも犬を選ぶのがいいです。犬を飼いはじめると、散歩が日課になるので自然と運動量が増えてダイエット効果にもいいです。

 犬がいるかぎり、雨の日も風の日も散歩に出かけなくてはならないので「今日はお休み」というわけにもいけません。かわいいペットとの散歩なら、面倒くさがりの人でも
ひとりで歩くよりはウオーキングを楽しめることでしょう。

 

お散歩を兼ねたウォーキング方法!

・バードウオッチングしながら歩いて楽しくやせる

 目的もなく、ただ歩くだけのウオーキングは、手持ちぶさたですぐに飽きてしまうものです。長く続けるには、楽しみをもつのがコツです。そこで、バードウオッチング用のレンズをもって散歩に出てみましょう。自然の豊かな地域ならもちろんのこと、都会でも思わぬところに自然が残っていて、そんな場所ではどこからか野鳥の声が聞こえてきます。

散歩の途中、望遠レンズでのぞいてみると、いままで見たことのないような鳥に出会うこともあります。

 また、デジタルカメラをもっていったり、スマホのカメラで風景や動物を撮影しながら歩くというのも楽しみのひとつです。撮影した画像をSNSにアップして、散歩日記を
公開してもいいでしょう。読者がつけばそれが励みになって、自然と外出する機会が増えるはずです。

 

ランチダイエットで遠くまで外食!


・お気に入りのランチの店を遠くに見つける

 サラリーマンは、とかく運動不足に陥りがちです。外回りの営業マンはともかく事務職の人は、体を動かすチャンスが極端に少なくなってしまいます。そんな人は、比較的
自由のきく昼休みに外へ出て、ランチを食べに行く時間をウオーキングに当ててはいかがでしょうか。その際、すこしでも脂肪を燃焼させるには、ちょっと遠めの店をセレクトするのがコツです。そこがお気に入りの店になれば、往復の道のりが少々遠くなっても、歩いてみる気になるはずです。

 ちなみに、散歩するくらいのゆっくりペースで20分間歩いたときの消費カロリーは22kcal、いっぽう急ぎ足で歩いた場合は38kcalと、往復で32kcalもの差がでます。
食べたぶんのカロリーをすこしでも多く消費するためにも、行き帰りはまるべく急ぎ足で歩きましょう。