オリーブオイルはダイエットにおすすめ?揚げ物で気をつけたいレシピも!

f:id:qw321321:20180206131447j:plain

こんにちは、ミキです。

オリーブオイルって健康的でダイエットによさそう!

と思って油をオリーブオイルに切り替えている女子の方もいるのではないでしょうか?

実は油ってどれを使ってもカロリーが同じらしいですよ~。

「ダイエット中だから揚げ物にもオリーブオイル使ってる!」という女性の方がいるとしたら、思考をちょっと変えた方がいいかもしれませんね!

オリーブオイルがダイエットにおすすめって本当?

 オリーブオイルの主成分であるオレイン酸には、体にたまった悪玉コレステロールを追い出して、善玉コレステロールを増やす働きがあります。また、オリーブオイルにはビタミンEがたっぷり含まれているため、お肌にいいといわれています。このヘルシーなイメージから、オリーブオイルは太らないと思っている人もいらっしゃいますが、これは大きな勘違いなのです。

 

 イタリア人の肥満の原因のひとつは、オリーブオイルのとりすぎなのです。

 いくらオリーブオイルが健康によいといっても、油であることに変わりはありませんし、ほかの油と同様に、1グラムあたり9kcalとカロリーは高く、とりすぎは、肥満へとつながってしまいます。オリーブオイルは、動物性脂肪を減らしたぶんを補う補助と考えて少量だけ使うようにしましょう。

 

 

ダイエット中の揚げ物レシピは衣がポイント!

・揚げ物はシンプルなほどカロリーが低いです

 揚げ物が好きで、ダイエット中でも、揚げ物断ちは無理という人は、調理法で油の量を減らす工夫をしてみましょう。揚げ物は、ころもの種類によって吸収率が大きく違い、ころもが厚くなればなるほど、吸収率は高くなります。ころもを何もつけない素揚げの場合、吸油率は3~8パーセントですが天ぷらやフライにした場合は15~25パーセントにもなります。
 
 ですから、揚げ物のカロリーは、ころもに手間ひまをかけたぶんだけ高くなるということです。

 素揚げの場合は素材をそのまま揚げるだけだが、フライになると小麦粉+卵+パン粉の順番にころもをまぶして揚げるため、時間も手間もよけいにかかります。揚げ物は、手抜き料理のほうが低カロリーなのです。