スムージーとは何?果物は冷凍させて作ると美味しさアップ!

f:id:qw321321:20180228061730j:plain

こんにちは!ミキです!

オシャレ女子の間で最近大流行している「スムージー」

 

スムージーってそもそも何、ジュースと何が違うの、グリーンスムージーって野菜ジュースの事!?

と訳がわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかもこのスムージー、街中で買って飲もうとすると、結構高いですよね。

飲み物でこの値段!と思うと、一体全体何がどうなってこんなに高くなるのか、気になるところですよね。

 

今回は、そんなスムージーについてご紹介。

 

スムージーとは何なのでしょうか?定義を紹介!

まず、スムージーの定義からはじめましょう。

スムージーとは英語で書くと「smoothie」になります。

「smooth」は「なめらかな」という意味ですので、なめらかで口当たりの良い状態の食べものや飲みものの事を差すようです。

具体的な「スムージー」の定義は、「凍っている素材、もしくは氷そのものを使い、ミキサーにかけて滑らかな状態にしたもの」だそうです。

 

ポイントになるのは「凍っている素材、もしくは氷」を使うところですね。

ここが、一般的なジュースとの大きな違いになりそうです。

 

この「凍っている」ものを投入してミキサーで滑らかにかくはんすると、あの独特な食感が生まれるというわけ。

 

スムージーの果物は冷凍させると美味しさアップ!

ためしに、バナナと牛乳を使って実験してみました。

 

1つは普通のバナナと、冷蔵庫で冷やした牛乳。

これをミキサーにかけると、いわゆる一般的なバナナミルクが出来上がりました。口当たりは、バナナの食感を思うと意外なほどアッサリ。

 

もう1つは、凍らせたバナナと、冷蔵庫で冷やした牛乳。

これをミキサーにかけると、かなりの手ごたえでちょっとビックリしました。

しっかり押さえてあげないととんでもない事になりそうなパワーを感じました。

で、できあがったものを試飲すると、これこれ!これがスムージーの食感!という印象で大満足でした。

 

全く同じ素材を使っているのに、凍っているかどうかでこんなに違ってくるものなんですね。

 

この食感こそがスムージーの魅力なのです。

 

食べものと飲みものの中間のような独特の滑らかさと満足度。

ただのジュースと違って満腹感をより強く感じられるような気もしました。このあたりも、ダイエットに日々励んでいる女子たちの心を掴んでいるのかな、という印象でした。

 

食材そのものを凍らせずに、普通の氷を投入してガリガリとミキサーにかける調理法もあるようですし、家にミキサーがあれば、色々試せそうですね。

 

野菜や果物、とりあえず凍らせておけば日持ちもするし、とりあえずミキサーに放り込んで回せば1食分にもなりそうですし、時間がない忙しい一人暮らしさんにもピッタリかもしれませんね。