食後の片付けとながら食い防止!買い物は食後でダイエットに繋げろ!

f:id:qw321321:20180404062330j:plain

こんにちは、ミキです。

食後の片付けはサッサと終わらせよう!

 夕食のあとくらい、のんびり横になってテレビでも観たい。しかし、肥満を解消したいのならば、食事の後片付けはなるべく手早くすませることです。食器をそのままテーブルに残しておくと、残り物についつい手がのびてしまうからです。とくに、お子さんのいる家庭では残り物が多く出るから、主婦の方は「残飯整理係」になりやすいです。これが肥満への第一歩となることを、肝に銘じておきましょう。

 食事がすんだら、胃袋が満たされているうちに、後片付けをしましょう。もちろん、残り物は冷蔵庫に保管するなど、目につかないところへ遠ざけることが大切です。

ながら食いは太るもと!

 電車の中でコンビニの袋を開け、サンドイッチをパクつくのはいかがなものでしょうか。いっぽう、家の中では、キッチンでつまみ食いをしても、立ったまま物を食べても、口の中に物を入れながら洗濯物を干していても、誰も白い目で見たりはしません。しかし、そんなルーズな生活を続けていては、いつまでたってもやせられないでしょう。つまみ食いやながら食いは、1度に口にする量はたいしたことがなくても、チリも積もれば山となって、しっかり脂肪として蓄積されてしまいます。

 そこで、家の中でも、食べていい場所といけない場所を決めておくことです。例えば、ものを口にするときは食卓に腰をおろして食べる、という風にです。やせるためには、どんなものを食べるかという栄養バランスとともに、どう食べるかという食習慣も重要な要素になります。

 

買い物は食後がおすすめ!

 お腹がすいているときにスーパーなどに行くと、どの食べ物もおいしそうに見えて、食料品をやみくもに買い込みやすいものです。それに、空腹時というのは、どういうわけかカロリーの高そうなものばかりに目がいきやすいです。さらに、いつもなら我慢して通りすぎるお菓子コーナーに、入ってしまうかもしれません。

 食材の買い出しは、食事直後の満腹時に出かけるのがベストです。もし、食事前に行かなければならない場合は、牛乳を一杯飲むなどして、小腹を満たしてから外出するようにしましょう。また、買うもののリストをあらかじめ作っておき、それ以外のものは買わないようにすると食料品の買い過ぎを防止できます。