家の中でも運動不足解消できる!ウエストの贅肉を落とす洗濯物ダイエットとは!

f:id:qw321321:20180404070250j:plain

こんにちは、ミキです。

家の中で運動不足解消する方法!

 ダイエットのため、歩いた方がいいとは分かっていても、外出の準備をして出かけるのがおっくうで。。。こんな人は、家の中で「踏み台昇降運動」をするといいです。段をのぼったり、おりたりするだけの動作ですが、ウオーキングと同じ有酸素運動になるため脂肪をぐんぐん減らすことができます。

 とはいっても、はじめて1日、2日ですぐに体重が減るわけではありません。この運動は、何といっても持続することが大切です。続けていくうちに基礎代謝がアップして、太りにくい体質になるのです。長続きさせるコツは、テレビを観ながら行うこと。なかでもおすすめなのが、朝の連続ドラマや、アニメ番組を見ながらの運動です。毎日放映している15分の連続ドラマなら、毎日運動する習慣がつきますし、15分という時間の短さが魅力です。また、シリアスな番組よりは、気軽なアニメのほうが運動向きといえるでしょう。

 踏み台は、電話帳などを何冊か重ねてガムテープで固定したものや、大きめの箱に雑誌を詰めたものなど、手作りで十分です。長時間行うと汗をかくので、運動のあとは水分を補給してください。はじめて1週間もすれば汗もかきやすくなると思います。

エストの贅肉を落とす洗濯の時間!

 体脂肪を燃やすには、ハードなスポーツを週に1するよりも、軽い運動を毎日したほうが効果的です。運動選手でもない限り、ハードなスポーツは長時間続けられないため、思ったほどのエネルギーを消費できません。そのわりには食欲がわくので、食べ過ぎを招いてしまうのです。いっぽう、家事といえば、イヤでも毎日行う軽い動作です。考えようによっては、ダイエットにぴったりの運動です。

 例えば、洗濯物を干すときは、バストアップを意識しながら、こんな干し方をしてみましょう。ふつう、洗濯物をハンガーなどに干すときは、洗濯物を両手でパンパン叩き、しわを伸ばしてから干しますが、パンと叩いたときに、そのまま両手で洗濯物を押しながら力を込めます。

 そのとき、洗濯物をはさむ位置を高くすれば、胸の上の筋肉、位置を下げれば、胸の下側の筋肉が引き締められます。また、シーツやタオルを引っ張る動作は脇腹の引き締めになります。このような干し方をするだけで、アイロンがけの手間が省けるうえに
ラジオ体操とほぼ同じカロリーを消費することができます。

洗濯物をたたむ時にもダイエット!

 取り込んだ洗濯物をたたむときも、ダイエットのためにひと工夫したいものですね。ウエストひねりをしながらたためば、ウエストの引き締めに役立ちます。こんな方法でやってみましょう。まず、洗濯物を体の正面ではなく、体の左右どちらかに置いて、ウエストを洗濯物のほうにねじった状態にします。その姿勢のままたたむだけです。

 実際にやってみるとわかるのですが、体をねじってたたむのは、けっこうハードな作業です。ウエストだけでなく、脇腹にもピリピリした刺激が伝わって、たたみ終わったころには「運動した!」という気分が味わえるはずです。