毎日の掃除機や布団の上げ下ろしで太ももをダイエット!

f:id:qw321321:20180407114553j:plain

こんにちは、ミキです。

掃除機のかけ方で太ももをシェイプアップ!

 ムッチリした太ももでお悩みの人は、太もも全体の筋肉を刺激する掃除機のかけ方で、太ももをスッキリさせましょう。掃除機のホースを持ったまま、足を一歩、大きく踏み出して、ひざを深く曲げます。その姿勢のまま10秒程度キープしたら、もとに戻します。この10秒間の間、手は動かして、掃除を続けましょう。これを交互に繰り返すといいです。

 また、掃除機のホースに対して、いつも左側に立っている人は、たまには右側に立って掃除機をかけてみましょう。筋肉は、左右を均等に鍛えるのが基本です。そうすることで、ボディの左右のバランスが整い、プロポーションは美しくなります。

布団の上げ下ろしは毎日やるべし!

 広い家に住んでいれば大きなベッドをドーンと置けるのに、部屋がせまくて毎日のふとんの上げ下ろしが面倒。。と愚痴をこぼす人も多いと思いますが、ものは考えようです。重いふとんは、干すにしてもたたむにしても、持ち上げるだけで大きな負荷がかかります。二の腕やバスト、背中の引き締め運動には、もってこいなのです。

 ふとんをたたんで上げるときは、いったん深くしゃがみこんだ姿勢をとり、そこから両腕でふとんを持ち上げます。バストアップ効果を狙うなら、さらに胸のあたりまでふとんを持ち上げるのがポイントです。そして、ふとんを運ぶときは、背中をそらせ、お腹の上にふとんをのせるような姿勢で移動する人が多いですが、これではシェイプ効果が半減してしまいます。胸筋を意識しながら、腕の力で運ぶ。これが、美しい上半身をつくるコツです。

 

仕事中もダイエットを意識して足痩せ効果!

 お茶くみやコピーとり、掃除、ちょっとしたおつかいに出る、若い間はそんな雑用をまかされることが多いです。それを頼まれるたびに、面倒くさがってイヤイヤ引き受けている人は、せっかくのダイエットのチャンスを逃がしていることになります。「雑用はダイエットのチャンス」と考えて、笑顔で引き受けましょう。

 とくにデスクワークが多い人は、肩こりやむくみも起きやすく、真夏は厳しいぐらいの冷房で、冷えに悩まされながら仕事をすることになります。それを解消するには、席を立って歩くのがイチバンです。例えば、社内を移動するときは、3階分まではエレベーターを使わないなどというルールを決めておくといいです。

 階段の上り下りは、1分間に上りは8,5kcal・下りは3,2kcalの消費になります。ゆっくり歩き(2、3kcal)ではなく、急ぎ足(3,9kcal)で歩けば、1分間で1,6kcalの差がつきます。ほんのちょっとの違いですが、この積み重ねがスリムな体をつくるコツです。