立つ時の姿勢がポイント!足を組むポーズで綺麗に痩せる方法はこれ!

f:id:qw321321:20180407115224j:plain

こんにちは、ミキです。

立つ時の姿勢がポイント!コピー中も油断しないぞ!

 コピーとりの待ち時間も、ボーっと立っているだけではもったいないのです。足首を上下させてアキレスけんの運動をしたり、むくみが気になる場合は、その場で足踏みをするだけでも血行がよくなり、だるさがとれてスッキリします。けれど、その場足踏みなどをしていると静かなオフィス内では目立ちすぎるということもあります。そんな場合にはこんな立ちポーズで、こっそりエクササイズしてみましょう。

 まず、両足をクロスさせて立ちます。次に、前になった方の足に体重をかけながら、後ろ足は前に押し出すようにして力を込めます。足全体とお尻の筋肉が刺激されるのを感じながら10秒間キープしましょう。さらに、左右の足を変えて同様に行います。このとき、その姿勢を保ったままゆっくりひざを曲げていくと、さらに効果的です。よろけるのを防止するために、どこかにつかまりながら行うといいです。

足を組む方法で筋肉を鍛える!

 「足は第2の心臓」「健康は足から」といわれるように、足の筋肉を鍛えておくのは、健康な毎日を過ごすためにも大切なことです。しかし、1日中デスクワークばかりしていると、下半身の筋肉をほとんど使わなくなり、筋肉はどんどんやせ細ってしまいます。これがレッグラインを崩す原因になります。

 日頃から運動不足の人は、オフィスで座りながらできるこのエクササイズで、筋力アップを心がけましょう。

 まず、イスに浅く腰掛けて両足を浮かせ気味にし、足首をクロスさせて組みます。次に、下になったほうの足は前に蹴り上げるように力を入れ、上になったほうの足は、それに逆らうように押さえつけます。こうすると、下の足は太ももの前の筋肉が刺激されて、上の足は太ももの後ろの筋肉が刺激されるのが分かると思います。

 筋肉がピリピリ刺激されるのを感じながら、その状態を10秒間キープします。上下を入れ替えて同じように行いましょう。

 

太ももを綺麗に痩せる!

 仕事中は足を組まない姿勢が基本です。そのほうが礼儀正しく見えるからですが、それをキープするのはけっこうつらいものです。気がつくと足を組んでいたということもあります。どうせ足を組むのなら、組み方をちょっと工夫してみるといいです。それだけでも太ももをきれいにする効果があるからです。

 ポイントは、上になる足を下になる足の太ももの上に乗せることです。たいていの人が、足を組むときはひざの上に足を乗せていますが、これは関節に負担をかけ、ひざを痛める原因となります。骨格がゆがんで足のラインを崩すことにもなります。足を組んでいるうちに上の足がひざのほうに流れてきたら、手で太もものほうにもどしましょう。

 また、足を組むときは、上に乗せる足を左右交互に変えることです。そうすると、足のラインのバランスが整い、レッグラインが美しくなります。