お風呂でカロリー消費の運動はこれ!二の腕と小顔を作るマッサージも!

f:id:qw321321:20180412090007j:plain

こんにちは、ミキです。

お風呂でカロリー消費の運動をしよう!

 筋肉や関節がやわらかくなり、水の浮力や抵抗を利用できるお風呂は、エクササイズには格好の場所です。積極的に体を動かして、ダイエット効果をさらにアップさせましょう。簡単にできて運動量の多いエクササイズといえば、湯船のなかで行う自転車こぎです。
 まず、浴槽に背中をぴったりつけ、浴槽のふちに両腕を置いて上半身を安定させます。そして、足首を直角に曲げたまま、自転車のペダルを踏むようにお湯をかき回すように回転させます。

 これを10~15分間続けると、およそ100kcalのカロリー消費になります。

お風呂で二の腕をシェイプアップ!

 シャンプーのテレビCMでは、たいていモデルさんが顔を上に向けて髪を洗っていますが、ふだんシャンプーをするとき、あんなポーズで洗っている人はいないでしょう。たいていは、下を向いて洗っているものです。上を向いて洗うと、シャンプー液が顔にたれてくるという理由もありますが、それより大きな理由として、下を向いて洗ったほうがラクだからです。

 逆にいいますと、ダイエットには顔を上げて洗ったほうがいいのです。顔を上げて洗髪すると二の腕が上がりっぱなしになるので、シェイプアップにつながるというわけです。

 

小顔作りはマッサージをお風呂に入りながら!

 顔のむくみ、たるみは美容の大敵です。それを予防しながらほっそりした小顔をつくるには、マッサージは欠かせません。でも、マッサージって、時間がかかりそうだし、クリームも持っていないし。。そんな人でも、市販のクリームを買わずにできる簡単なマッサージ法があります。

 代用するのは、ふだん化粧落としに使っているクレンジングオイルやクリームです。毎日、化粧を落とすついでに顔をマッサージしておけば、週末のスペシャルケアの必要もありません。ただし、マッサージは、クレンジングで化粧を落としてからです。クレンジングの最中に行うと、汚れが毛穴に詰まってしまいます。

 いったん、すべて洗い流してから、あらたにオイルかクリームをつけて、指先でらせんを描くようにくるくるとマッサージしていきましょう。とくに、たるみやぜい肉の目立つほおやアゴは、下から上へ丁寧に指を動かすのがポイントです。これを毎日30秒でも続けているとほおやアゴがスッキリしてきます。もちろん、美肌効果もバッチリです。