コンビニのカップラーメンでダイエット!ファミレスのメニューでも!

f:id:qw321321:20180501100130j:plain

コンビニのカップラーメンをダイエット食に変える方法!

こんにちは、ミキです。

 カップラーメンを食事としてとる場合、気になるのが栄養バランスです。カップラーメンに含まれるのは、おもに炭水化物ですから、カップラーメンだけでは他の栄養素が不足してしまいます。そこで、冷蔵庫にある食材をトッピングして、バランスのいい食事に変えてしまいましょう。もっとも手軽なのは、低カロリーでカルシウムたっぷりのワカメ。あらかじめ、カップの中にカットワカメを入れてお湯を注げば、待っている間にふやけて戻るのですぐに食べられます。

 トッピングには、ワカメのほか、きくらげ、干しシイタケなど、食物繊維の多い食材を選ぶといいです。食物繊維は、満腹感を長く維持してくれるだけでなく、脂肪や麺に含まれる糖質を包み込んで、体外に排出してくれます。

ファミレスにもダイエットメニューがあるぞ!

 ファミレスでは、栄養バランスからいって、一品料理を注文するより、パン、スープ、サラダなどがついた定食メニューを注文したほうがいいです。ただし、洋食のセットはどうしてもカロリーが高く、なかには軽く1000kcalを超えてしまうものもあります。そこでおすすめなのは、最近、どこのファミレスでも力を入れているきのこの雑炊や、おかゆ、マグロ丼、魚の網焼き定食といったメニューです。これならヘルシーかつ低カロリーで、ダイエット中も安心していただけます。

 

グラタンのカロリーが気になってファミレスでは注文出来ない!?

 こってりしたものが食べたくなったら、ファミリーレストランで、グラタンやシチュー、ドリアを注文するといいです。なんてことをいいますと「グラタンやシチューはカロリーが高いのでは?」と首をかしげる人もいるかもしれません。ところが、これらのメニューはおよそ500~600kcalと意外にも低カロリーなのです。
 パンなどを追加すれば、カロリーオーバーになってしまうので注意が必要ですが、ドリアやシチューは、もともとこってりした味わいにできています。サイドメニューを追加しなくても、これ一品で十分、満足感を味わえます。