イタリアンはダイエットメニューにぴったり!パスタの種類やフルコースも!

f:id:qw321321:20180501101522j:plain

イタリアンはダイエットメニューが実は豊富!

こんにちは、ミキです。

 イタリア料理は、新鮮な魚介類や野菜をたっぷり使ったメニューが多く、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。カロリー面でも栄養面でも、ダイエット向きのメニューといえると思います。ただし、どの料理にもたっぷり使われているオリーブオイルには注意が必要です。ヘルシーなイメージがあるせいか、オリーブオイルの量を気にしない人もいますけど、ほかの油と同様にカロリーは高いのです。

 とくに、前菜のカルパッチョや、トマトとモッツアレラチーズのサラダなどにたっぷりかけられているオリーブオイルは、よく油をきってから食べるようにすると、よぶんなカロリーをとらずにすみます。いっぽう、イタリアンで優秀なダイエットメニューといえるのは、ミネストローネスープと魚介やきのこのリゾットです。
 これらのメニューを最初にオーダーしてお腹を満たしておけば、パスタやピザの食べ過ぎを防止できます。

パスタをダイエット中に食べたくなったら種類を選んで!

 イタリアンを食べに行ったら、何はともあれパスタかもしれません。そんな人にはちょっとつらいかもですが、パスタは糖質が高いため、ダイエットには不向きなんです。イタリア料理をコースで食べるときは、パスタは半分ぐらい残したほうがいいです。なるべくカロリーを抑えるには、具だくさんの野菜のスパゲティや魚介類系のメニューをオーダーするといいでしょう。むろん、カルボナーラやクリーム系のパスタは、カロリーが高いのでパスすることです。カルボナーラが700~750kcalに対し、スパゲティボンゴレなら580~600kcal。メニューによってかなりカロリーに差があります。

 また、小麦粉とじゃがいもを使ったニョッキも糖質が多く、ダイエット中は避けたいです。ミートソースを使ったラザニアも高カロリーで約800kcalもあります。

 

フルコースをダイエット中に食べる機会があったら・・・!

 減量中の人がフランス料理を食べに行くのは、お付き合いでどうしてもというケースが多いと思います。それでも、店選びやメニューの組み立て方によって、大幅なカロリーダウンが可能になります。店選びのコツは、最近では、日本の懐石料理の技とフレンチを組み合わせた「ヌーベル・キュイジーヌ」と呼ばれる新しいフランス料理が注目されています。伝統的なフレンチの店にくらべると、バターや生クリームの使用量が少なく、全体の量も少なめです。ダイエット中はこのような店を選んだほうがいいです。

 また、オーダーの際は、コースではなく、アラカルト料理でメニューを組み立てることです。油脂の少ないアイテムを選んでメインを魚にすれば、フルコースを食べたときよりも、カロリーをグンと抑えられます。