運動は20分以上がダイエットの通説!?ウォーキングの歩き方と脂肪燃焼の飲み物も!

f:id:qw321321:20180507043339j:plain

運動は20分以上?20分以下?

こんにちは、ミキです。

 これまで、「やせるための運動は、20分以上続けて行わないと効果ナシ」、つまり脂肪は燃焼しないといわれてきました。この「20分連続」という縛りがあったために、「続けて20分も運動するのは、私には無理。。」と、最初から体を動かすことをあきらめていた人は少なくないでしょう。

 しかし、最近の研究では、こまぎれ運動でも脂肪は燃焼し、ダイエット効果があることがわかってきました。実験によると、30分の連続運動と、10分×3回の運動では、消費されるカロリーにはほとんど差がないといいます。家からスーパーまでの往復の道のりも、立派な運動の時間です。そう考えて、毎日5分、10分でも時間を見つけて歩けば、確実にボディは引き締まってきます。

ウォーキングの歩き方はかかとからが重要!

 「ウオーキングは速足で歩かないと効果がない」とよくいわれますが、スピードよりも大切なのは、歩くときの姿勢です。足を引きずるような歩き方や、猫背のまま歩いていたのでは、ウオーキング効果は半減してしまいます。ウオーキングの正しい姿勢は、まず背筋をピンと伸ばすことです。操り人形のように、頭が糸で上に引っ張られる感じを意識して、アゴを引き、目線は20~30メートル先を見るようにするといいです。

 そして、足の着地の仕方もポイントになります。爪先から着地すると、重心が不安定になってしまうので、かかとから着地し、重心が爪先に向かって移動する感じで蹴り上げましょう。また、歩幅をふだんよりもやや広めにして腕を大きく振ると、そのぶん運動量が多くなってカロリー消費量が増えます。

ウォーキングの飲み物で脂肪燃焼しやすいのは何?

 コーヒーというと、「飲みすぎると胃を悪くする」とか「夜に飲むと眠れなくなる」など、健康やダイエットとは無縁というイメージがあります。しかし、このコーヒーをダイエットの強い味方にしてしまうワザがあります。ウオーキングの前にコーヒーを飲んでおくのです。コーヒーに含まれるカフェインには、体に蓄えられた脂肪の分解を促進する働きがあります。といっても、ただ飲むだけではダメで、そのあとに筋肉を動かすことが脂肪を効率よく燃やすポイントです。ウオーキングをするときは、出かける30分~1時間ほど前にコーヒーを飲んでおきましょう。ただ、砂糖、ミルクを入れてはダメです。

 また、コーヒー同様、カフェインの含まれている紅茶、緑茶を飲んでも同じような効果があります。