自転車の痩せるこぎ方はこれ!ダイエット効果で脚やせにも!

f:id:qw321321:20180507044219j:plain

こんにちは、ミキです。

自転車で痩せるこぎ方は?

 通勤・通学時に自転車を利用している人は多いと思いますが、ただ漠然と乗っているのではもったいないです。行き帰りの自転車タイムでしっかり脂肪を燃やしましょう。自転車で脂肪を燃焼させるには、自分の体に合うように、サドルやハンドルをよく調節することです。まず、チェックしていきたいのは、サドルの位置です。

 ころびそうで怖いからと、サドルを低くして乗っている人もいますが、これではペダルを踏み込む力が弱くなってしまうのでよくありません。ちょうどいいのは、ペダルがいちばん下にあるときに、ペダルに乗せた足がほんのすこし曲がるくらいの高さです。

自転車を使ってダイエットする時は漕ぎ方が重要!

 自転車は、正しい乗り方をマスターすれば、全身の脂肪が減るがけでなく、足の形を整えたり、細くする効果も期待できます。乗る時の正しい姿勢は、上体を軽く前かがみにして座り、ひじを軽く曲げてハンドルを握ります。走行中に腕が伸びきっていると、ハンドル操作がうまくできないので危険です。ハンドルの位置をきちんと調整しておくことです。

 次にペダルの踏み方です。よく、ペダルを土踏まずで踏んでいる人を見かけますが、これでは足にしっかり力が入らず、長く乗っていると疲れてしまいます。親指の付け根あたりをペダルの上に乗せましょう。このような姿勢で自転車に乗ると、体重が前と後ろに正しく分散されるため、疲れることが軽減されます。

 この乗り方をマスターすれば、1~2時間のサイクリングでも疲れず、スイスイ脂肪を燃焼させることができます。

自転車ダイエットは脚やせにもいいよ!

 自転車は足全体のシェイプアップになりますが、ペダルの踏み込み方を意識すると、足の部分やせも可能になります。乗り方のポイントは、くるぶしを意識すること。ペダルをトップから踏み込むときは、かかとを下げて押すようにし、ペダルを下から上に回転させるときは爪先を下げて、ペダルをすくい上げるようなつもりでトップに戻します。

 こうすると、ペダルを踏み込んで戻すたびに、くるぶしが動くのがわかるはずです。この動きが、足首を細くするのに効果的なのです。スーパーなどへ買い物に行く10分の道のりでも、くるぶしを意識しながらペダルを踏めば、しだいに足首が引き締まってきます。 

 

自転車はふくらはぎ痩せにも!

 キュッと引き締まったふくらはぎをつくる自転車の乗り方は、ふくらはぎの筋肉に意識を集中させることです。具体的にいいますと、ペダルの回転が平行からすこし下がったとき、一気に力を込めて真下に踏み込むようなこぎ方をするといいです。この乗り方をすると、最初の10分くらいでふくらはぎが痛くなってくるはずですが、毎日自転車に乗るたびに意識して続けていれば、筋肉が鍛えられて、だんだんラクになってきます。そうなったら、ふくらはぎがシェイプアップされてきた証拠です。