通勤時間はダイエット時間!座るだけで効果的で簡単な方法!

f:id:qw321321:20180507044955j:plain

こんにちは、ミキです。

通勤時間はダイエット時間と決めて活用!

 通勤・通学の時間、何もしないでボーっと過ごすのはもったいないです。その時間帯をエクササイズ・タイムと決めて、ダイエットのために有効活用しましょう。たとえば、つり革で体を支えながら立っているときは、つま先立ちの姿勢のままキープします。疲れたら、いったんかかとをおろして、回復したら、再びつま先立ちにトライします。これを毎日繰り返すだけで、足首とふくらはぎが引き締まってきます。

座るだけダイエットを効果的にするには?

 欧米人にくらべ、日本人に多いといわれるО脚。これは、長年の生活習慣から骨がゆがんでО脚になるケースが多く、根本的に治すのは難しいです。でも、ふだんの座り方に注意するだけで、О脚を改善することができます。たとえば、電車やバスの座席に座るときは背筋をピンと伸ばし、イスの背もたれに直角に座ります。それから、爪先、ひざをぴったりと合わせ、そのままの状態でキープします。

 この座り方は、О脚の人には足をまっすぐに伸ばす効果が、またО脚でない人にも、足全体をスリムにする効果があります。簡単にみえて意外に筋力を使うので、毎日続ければ必ず効果が表れます。

 

バストアップの筋トレを簡単にするには?

 マイカー通勤は、満員電車に揺られるストレスはありません。しかし、渋滞や長い信号待ちにはイライラさせられます。しかも、車のハンドルを握っているときは、ほかにすることがないので、余計にストレスが募りやすいものです。そんな手持ち無沙汰な時間には、ハンドルを握ったままできる、バストアップのエクササイズをするといいでしょう。ハンドルを両手で握った状態で両腕を脇腹にピタリとつけ、両腕に力を込めながら内側にぐっと押し出していきます。手の位置を、ハンドルの上、真ん中、下のほうと順番に行うと、胸の筋肉がバランスよく鍛えることができます。