母の日でカーネーション以外の花は?プリザーブドフラワーで安いのもある!

f:id:qw321321:20180507045856j:plain

こんにちは!ミキです!

母の日にカーネーション以外の花が欲しいと言われた!

母の日といえば、カーネーションですよね。
それはもう誰もがイメージする事だと思います。

私も何度か母にカーネーションを贈りました。

しかし、先日、母から衝撃的なひと言を頂戴してしまったのです。

カーネーションは、綺麗だし、嬉しいんだけど、すぐ枯れちゃうのよ。手入れが難しいから、違う花か、なんか美味しいお菓子とかを貰った方が良いな」

 

えー!
なんて事を!
と思いましたが、まぁ、分からなくもない。

確かに、カーネーションってお手入れが難しいんですよね。
丁寧に扱っても、割とすぐに枯れてしまうという話はちょくちょく耳にします。
もともとあまり長くもたない花という事もあって、切花だと3,4日、もっても1週間の命と言われています。

短い期間を楽しんで、後に残らず処分できるから良いという意見もありますが、うちの母としてはもっと長く楽しみたいという事らしいです。

しかし、やはり母の日といえば・・・
カーネーションですよね~。

母の日にプリザーブドフラワーカーネーションを贈りたい!

という事で、最近流行の「プリザーブドフラワー」でカーネーションもあるんじゃないかと思って調べてみました。
そしたら、出ました!やはりカーネーションもプリザーブド加工ができるお花だそうで、結構お手軽なお値段で販売されていました。

www.hanadonya.com

 

プリザーブドフラワーは、造花とは異なり、生花に特殊な薬品を用いて、半永久的に花の鮮度と美しさを保てるような加工を施した花です。

造花よりもずっと瑞々しく、そして長く持ち、手入れというか扱いにはちょっと注意しなくてはなりませんが、きちんとした扱いで保存すればずっと楽しむ事ができるんです。

その注意点は、なるべく乾燥した場所で直射日光あ当たらないように保管すること。
これだけ!

簡単でしょう?

 

プリザーブドフラワーだけでなく、いかなるものも、直射日光が当たると色あせたりダメージを受けますからね。その点は納得。
乾燥した所に置いておくというのも、なんとなく感覚的に納得。
多湿な場所だと花が水気を含んで傷みやすくなってしまうという事です。

 

www.2-u.co.jp

母の日にプリザーブドフラワーで安いのを贈ろう!

こんな風にアレンジされたカーネーションも。
これで3,996円ですから、価格的にも手がでますよね。

枯れていく花を見るのはなんとなく心が痛むという方、とにかく手入れが面倒という方、ずっと飾っておきたいという方、そんな全国のお母様たちにはプリザーブドフラワーカーネーションをおすすめしたいなと思いました。

私も今度はプリザーブドフラワーで贈る事にいたします。