新学期が不安な中学生へ。友達が合わないと感じたときの対処法!

f:id:qw321321:20180507053440j:plain

こんにちは!ミキです!

新学期が不安な中学生達へ。

4月、新学期です。
新しい出会いがわんさかあります。

特に、学校に通っている児童・生徒・学生の皆さんは、新学期って、とても新しいような、自分を取り巻く世界がガラッと変わってしまうような、そんな気持ちになっているのではないかと思います。

そんな子どもたちに伝えたい事があります。

新学期を楽しみと思っている子に伝える事は特にありません。
あなたは大丈夫。

新学期を、ちょっと緊張するけど、ドキドキするけど、ワクワクもすると思っている子にも、あまり響かない内容かもしれません。
そんな子たちも、きっと大丈夫。

新学期を、嫌だなぁとか、憂鬱だなぁと思っている子、あなたたちに私は言いたい。
新学期で出会ったクラスメイトや先生とのつながりって、ものの1,2年で終わるから。そしてその更に数年後には記憶の彼方に追いやられるから。と。

新学期には事故にも気をつけて!

なんかね、4月って、まぁ学生さんたちだけではないんですが、やたら増えるんですよ、人身事故ってやつが。
ちょっと悲しいなーと思うのです、私は。

新しい環境って、とってもストレスフル。
そりゃ誰だってそうなんです。

それを楽しめる人、活力にできる人もいます。
訓練して、そういう能力を身につける人もいます。

でもね、どうしても「嫌だな」とか「辛いな」と思ってしまう人もいるんです。
そしてそれは決して悪い事ではないんです。

この、ちょっとしんどい期間に、思い悩んで自らの未来を断ち切ってしまうような事ってとても悲しいことだと思う。
もうちょっとがんばってみようよ、とは言いません。
もうちょっと我慢してみようよ、とも言いません。
私は、ただ、もうちょっと様子を伺って、影に隠れて、ひとりぼっちになった時に好きなことを思い切りやって発散してみたら?と言いたい。

 

新学期で友達が合わないと感じたら。

ストレスがかかっている時って、好きなこともやりたくなくなってしまう。

でも、好きな事は、色々忘れさせてくれるし、ポジティブで元気な気持ちにさせてくれるし、何よりも生きるの楽しいって思わせてくれる。

その魔力は絶大よ。

 

だから、4月の新学期で「生きるのしんどい」となっても、「生きるの楽しい」と思えるものに避難して、しばらくの間、自分の中に起こる荒波に耐え忍ぶと良いかなぁと思います。
あ、それって我慢か。でも好きなことに逃げちゃってるから、ただ耐えるだけではなく、ね。

本当の生涯の友だちって、多分1年に1人見つかるかどうか、2,3年に1人見つかるかどうか、というレベルで出会う確立が低いし、そういう人とは勝手に引き合うようにできているから、みんなと仲良くする必要も、みんなと上手くやる必要も、ないのです。