夜遅い時間帯の食事法

こんにちは、ミキです。

 夜遅い時間に食べると太りやすいという話は、みなさん聞いたことがあるでしょう。事実のように言われているこの説、実は、根拠の裏付けについては議論中なのです。根拠の一つとして、自立神経のはたらきをみたとき、夜のほうが、からだに栄養を貯蓄する方向に働く副交感神経が活発であるという理由があります。そして最近話題になっているのが、体内時計を調節しているたんぱく質、BMAL1の働きです。BMAL1は、体脂肪の合成や分解にも関与しているのですが、分泌が増えると、体脂肪合成や貯蓄する酵素を増やす働きをします。

 マウスを使った動物実験でみたところ、BMAL1は、夜遅くなるほど増え、夜10時から2時にピークを迎えます。これが、遅い時間に食事をとるほど、脂肪になりやすいという説を裏付ける新たな理由として注目されています。ただし、BMAL1の研究はマウスを使った動物実験の結果なので、人に同じことがいえるかはまだ分かりません。
しかし、人にも当てはまるなら、「夜食べると太りやすい」という説の有力な根拠となりそうです。

 とはいえ、夜遅くまで仕事をしている人にとって、早い時間に夕食をとるというのは難しいことだと思います。友人も21時前に帰宅できることはまずありません。夕食は早くて21時、遅ければ23時という日もあります。早めに外で夕食を食べられればいいのですが、職種やそれぞれの事情によっては、それも難しいことです。
 

 このように、やむをえない事情で遅い時間に食事をしなければならない方は、途中で栄養の充実したおやつ(チーズやナッツなど)を食べておくのがおすすめです。おやつで空腹を抑えることで、夜遅い時間の「ドカ食い」を防ぐことができます。多少の太りやすい時間帯、そうでない時間帯があるとしても、エネルギー収支がマイナスになれば必ずやせるので、夜遅い時間に食事をする習慣が変えられなくても、あきらめる必要はありません。

 ただし、夜遅くに食事をしてすぐ寝ると、睡眠の質を落とすことにつながり、健康に悪影響を及ぼすので注意しましょう。夜遅くの食事は、消化のよいものを、控えめに食べることが大切です。