腸内環境を整えてうまく痩せる

こんにちは、ミキです。

 腸内環境が全身の健康状態を左右することが、明らかになってきています。腸は、消化吸収だけでなく、免疫機能や、病気への抵抗力にも大きく関わっています。このめ、腸内環境を整えることが、風邪のような感染症からガンまで、あらゆる病気の予防になると考えられ、あらためて重要視されています。腸内には、腸の働きを高め、病原菌など外敵の活動を抑え免疫力を高める善玉菌と、毒素を排出して健康を害する悪玉菌、また、そのどちらでもない日和見菌が存在します。日和見菌は、腸の状態がよければおとなしくしていますが、腸の状態が悪くなると悪玉菌に傾いて悪さをはじめるため、腸内に善玉菌を増やし、善玉菌優勢にしておく必要があります。

 

 善玉菌を増やすのに役立つのが、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖です。ヨーグルトやぬか漬けなどの漬物、納豆や味噌などの発酵食品には、善玉菌を増やす菌類が多く含まれています。最近、「プロバイオティクス」をうたった商品をよく見かけるようになりました。プロバイオティクスとは、腸内に有益なはたらきをする微生物や、それを増やす
促進物質のことです。

 ヨーグルトや乳酸菌でおなじみのビフィズス菌、ラクトバチルス・カゼイシロタ株、ラブレ菌などもすべて乳酸菌で、腸内環境を整えるプロバイオティクスになります。食品メーカーは、生きたまま乳酸菌が腸まで届き、善玉菌を増やす効果をもつ乳酸菌商品の開発を進めています。食品選びのひとつの指標となるのが、特定保健用食品(トクホ)マークです。
 

 このマークが付いた商品は、「お腹の調子を整える」などの科学的効果を、厚生労働省が認可した商品になります。実際にしばらく試してみて、お腹の調子が良いと感じるなら、自分に合った商品なので続けてとりましょう。

 加齢とともに腸内環境は、善玉菌が減り、悪玉菌優勢に傾いていく
ものですが、食事のとりかた次第でその環境は変えることができます。発酵食品を積極的にとるようにこころがけ、プロバイオティクスを強化した食品なども上手に取り入れていくと良いでしょう。食物繊維が豊富な野菜、海藻、きのこやオリゴ糖を含む大豆製品などをよく食べ水分もたっぷりとりましょう。腸内環境を整え、便秘を防ぎ、代謝を円滑に行うことは、ダイエットにとっても大切なことです。