腹筋ローラーで腰痛い時に負担を軽減させるたった3つの方法!

f:id:qw321321:20180615055714j:plain

こんにちは!ミキです!

腹筋ローラーを使うと腹筋以外の所が痛くなりませんか?

特に腰が痛いという女性は多いですよね。

 

そこで、腹筋ローラーを使って腰痛い場合の負担軽減方法についてご紹介していきたいと思います!

腹筋ローラー使うと腰痛い!

腹筋ローラーを使ったあとに、腰が痛くてどうしようもない!という女性の方も多いのではないでしょうか。

女性はタダでさえ筋力不足なので、腰に負担がきやすいんですよね。

いきなりハードなやり方をして自分体に合わない方法で行っているのが原因かもしれません!

 

そこで、腰に負担の掛からない腹筋ローラーの使い方をご紹介していきたいと思います!

腹筋ローラーで腰の負担を減らす3つの方法!

腹筋ローラーってやり方が分からず、立ちコロから始めちゃう人が多いんですよね!

初心者の場合、まずは膝コロから始めると良いでしょう。

 

さらに、腰に負担が掛からない裏技もあるんです!

腰を痛めないのにしっかりと腹筋に効くので女性にはおすすめの方法です! 


腹筋ローラーで腰を傷めずに腹筋をバキバキに割る方法!

1:腰と背中の筋肉をストレッチ

そもそも腰が痛くなると言うことは、腰の筋肉が衰えているから生じてしまう現象なんです。

腰の筋肉をしっかり付けてあげることで腹筋ローラーを使っても腰が痛くなることを防げます。

腹筋ローラーを使う前に、腰や背中のストレッチを行って筋肉をほぐしてあげてくださいね!

2:腰の柔軟体操をする

腰が痛くなる原因として筋肉不足と共に、柔軟不足も挙げられます。

お風呂から上がったら腰の柔軟体操をして柔らかくしてあげましょう。

うつぶせに寝転んで上体起こし、仰向けに寝転んで両膝抱えや片膝抱えといった柔軟体操をして腰を柔らかくして下さいね!

 

3:腰の運動不足を解消させる

腰が痛くなってしまう原因は、運動不足が挙げられます。

手軽に始められるウォーキングから始めてみるといいかもしれませんね!

腹筋ローラーを使って腰が痛くなってしまう場合は、ストレッチや柔軟体操、軽い運動を平行して行う事で改善されていきますよ!

まとめ

腹筋ローラーで腰が痛い場合の対処法についてまとめました。

腰回りの筋力低下が腰を痛くさせる要因となっています。

まずは簡単なやり方をして腹筋ローラーの使い方に慣れつつ、腰回りのストレッチをして負担軽減をしていきながら腹筋を鍛えましょうね!